サロン帰りのサラツヤ髪をキープするコツ

home >> column >> サロン帰りのサラツヤ髪をキープするコツ

プロの手でカットやカラー、トリートメントを行い、綺麗になった状態を長く楽しむにはホームケアが欠かせません。こちらでは、簡単にできるケアのポイントをご紹介いたします。名東区のTSUKURUでは、洗い流さないトリートメントなどの販売も行っているため、併せてご利用ください。

シャンプー前のポイント

紫外線に当たりすぎない

髪は紫外線に当たると染料が分解されてしまい、色落ちの原因になってしまいます。帽子や日傘で直射日光を避けましょう。

カラー当日は洗わない

カラー当日は染料が定着していないため、シャンプーは翌日まで待ちましょう。パーマをした際も同じです。

シャンプー前のポイント

シャンプー中のポイント

カラー専用のシャンプーを使用する

市販のシャンプーは洗浄力の強いタイプが多く存在するため、カラーが落ちやすいこともあります。そこで、カラー専用のシャンプーを選ぶのがポイントです。カラーを定着させる成分や保湿成分が配合されているため、サロン帰りの色ツヤが長持ちします。

トリートメントはコームでまんべんなくつける

シャンプー後につけるトリートメントは、コームを使用すると全体にまんべんなくつけることができます。それから髪の内部まで成分を入れ込むイメージで、髪をギュッと握りましょう。これは美容室でも行うテクニックです。

しばらく放置する

トリートメントはすぐ洗い流すのではなく、しばらく放置すると効果的です。目安として5分は放置してみてください。

乾かす際のポイント

しっかりとタオルドライする

髪が濡れすぎているとアウトバストリートメントが薄まってしまうので、丁寧にタオルドライをしてください。摩擦でダメージを与えないよう、ポンポンと包み込むように水気を取るのがポイントです。

洗い流さないトリートメントをつける

アウトバストリートメントをしっかりつけていきます。トリートメントの種類は髪質やダメージ具合で選びましょう。

ドライヤーで乾かすことによって熱老化してしまい、結果髪のダメージに繋がったり、髪が細くなったりしてしまうことがあります。髪のクセなどにも繋がることもありますので、抑えるためにも流さないトリートメントをつけてもらいたいです。

ドライヤーでしっかり乾かす

濡れた髪はキューティクルがはがれやすい状態です。そのため、素早く丁寧に乾かしましょう。コツは下を向いて内側から乾かすことです。温風である程度乾かしてから冷風に切り替え、キューティクルを閉じてください。自然乾燥は髪の水分が蒸発してパサつきの原因になるため避けましょう。

名東区のTSUKURUでは、カットやカラーといった施術を行うだけでなく、セルフケアの方法なども丁寧にお伝えしております。扱いやすいスタイルになるようカットやカラーのご提案を行う他、人気のトリートメントも販売していますので、こちらもぜひお買い求めください。名東区や周辺地域にお住まいの方のご来店をお待ちしております。

名東区でカットやカラーをするならTSUKURUへ

店舗名

TSUKURU

住所

〒465-0005 愛知県名古屋市名東区香流2丁目1016

TEL

052-772-0139

営業時間

9:30-19:30

休業日

毎週月曜日